強い日差しには完全防備で対抗します

外に出るときは帽子をかぶっています。つばが広い帽子をかぶっているとそれだけで安心します。わたしはつばが広い帽子で顔と首の日焼けを防ぎ、長袖の服で腕の日焼けを防ぐこともあります。
日によっては首にスカーフを巻き付けることもありますが、ここまですると「不審者のように見えるからやめて!」と家族にお願いされます。確かに鏡に映るわたしは不審者のように見えないでもありませんでした。
だけど、このくらい肌を日差しから守らなければあとで後悔することがあります。わたしの肌色は白いのです。色白なので日焼けすると真っ赤になります。真っ赤になったところは熱を持ってシミができることもあります。
うまくクールダウンすればいいけれど、ひどく日焼けしたところの熱はなかなか引いてくれません。ジンジンしたり痒みが出て手がついついそこへ行ってしまい、ますます肌を傷めてしまうのです。
これは美容に悪いと感じてから完全防備に近い格好で外に出るようにしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ