夜の間に手肌の荒れを回復させています

寝る前にハンドクリームを使って一日頑張った手肌をいたわっています。手は意外と雑に使っているので肌が傷んでいます。炊事洗濯を普通にするだけでも肌は結構傷みます。
気温が下がってくると手肌はますます傷みます。私は真冬になる前に手湿疹ができますが、これは毎年なのでもう慣れてしまいました。炊事洗濯を普通にこなしているだけなのに痛痒い手湿疹ができてしまいます・・・。
小さな水疱が手のひらと指と指の間にできてしまい痒くて夜も眠れません。皮膚科に行って塗り薬をもらいそのお薬のおかげでなんとか使える手に戻るのですが、私は手肌が荒れやすいんだと思います。
それが分かっているので、まだ気温が高いうちから寝る前に手肌のケアをしています。ハンドクリームをしっかり塗って綿の手袋を使います。朝まで手袋をしていると手肌がしっとりします。
夏はさすがに手袋は使えませんが、気温が下がってくると手袋を使って夜の間にて肌の状態を回復させています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ